コラム

【恐怖】Bluetoothから感染するウイルスの対策法

更新日:

コンピューターウイルスの感染はこれまでスマホやパソコンなどのデバイスから直接感染していました。

ですが、近年「Bluetooth」から間接的にデバイスへのウイルス感染させる「Blueborne」(ブルーボーン)という感染方法が見つかったのです。

そもそもBluetoothとは、機器と機器を相互認識させるための無線通信規格で、代表例としてパソコンとキーボードのペアが挙げられます。

特に近年は、Bluetooth機能を搭載したイヤホンが急速に普及してたこともあり、ウイルス攻撃の対象となるデバイスは世界で約35億台に影響が出る可能性があります。

Blueborneウイルスの特徴

Bluetooth通信から攻撃対象のスマホに不正アクセスし、個人情報などを抜き取る恐ろしいウイルスです。

Blueborneウイルスの特徴は、Bluetooth搭載のデバイスで接続ができている状態であれば、誰にでも簡単に攻撃が出来るところ。

これまでのウイルス感染方法だと、、

ウイルスを仕込んだ添付ファイルを私たち自身が開くことによって感染していました。

しかし、Blueborneウイルスは他者が強制的に侵入を図るため、例え感染しても気づきにくい厄介なものなんです。

ウイルス攻撃の対象となるOSはこちら

iOS

  • iOSバージョンが9.3.5以下のすべてのiPhone・iPad・iPod touch
  • iOS 7.2.2以下のApple TV
  • 現在、iOS11以降に脆弱性は存在せず、「iOS10」以前のデバイスのみ影響がある

【バージョンの確認方法】

①ホーム画面から設定アプリを開く→「一般」をタップ→「情報」をタップ↓↓

②「バージョン」の項目を見て11.0以上なら安全です↓↓

Android

「Androidセキュリティパッチレベル」が「2017年9月9日」より以前の日付となっている端末すべてが攻撃対象となります。

【パッチレベルの確認方法】

① 各スマホの設定アプリを開く→ 端末情報をタップ

② ソフトウェア情報内にある「Androidセキュリティパッチレベル」が「2017年9月9日」以降であれば安全です↓↓

Android 6.0より前のバージョンのスマホを使用している人は、アップデートが提供されていないため、Bluetoothウイルスの攻撃対象となりますのでご注意を。

Windows

・Windows Vista以降のOS、かつBluetooth機能を搭載しているすべてのPC

・2017/09/12(火)のWindows Updateを実行していない全PC

こんな症状があればウイルスしているかも

スマホの動作が急に遅くなった

もちろん単なる動作不良や劣化の可能性があります。

感染時の特徴として

  • ここ最近になって突然フリーズする回数が増えた
  • 急に動作が悪くなった

このような事象があれば、既にウイルスに感染している恐れがありますが、まずはスマホを再起動させてみましょう。

それでも改善されない場合は、ウイルス感染によって、外部から端末を動かされている可能性が高いでしょう。

応急措置として、早急に初期化させるか、最終的には機種変更することを強く勧めます。

見に覚えのないアプリがある

以前、中国で流行した「YiSpecter」というウイルスは、突然見に覚えのないアプリが勝手にインストールされていたという事象があったようです。

皆さんも一度、ホーム画面内に見に覚えのないアプリがないかチェックしておきましょう。

特に普段からアプリをたくさん入れている人は見落としやすいので念入りに確認しましょう。

そもそも目に見えるような症状がない

近年のウイルスの共通点として、我々ユーザーの目にでは、普段と変わらず難なく使えるケースが多いため、本人が知らない間に個人情報が流出している傾向にあります。

【ちょっとしたサインとして…】

それほど頻繁に使ってもいないのに、バッテリーの消耗が早ければ、ウイルス感染の疑いがあるかもしれません。

ウイルス感染を防ぐ方法は?

常時最新のOSバージョンにしておく

安全のためには最新版へのアップデートが必須です!

脆弱性が確認されると、安全性を向上させるため即座に新しいバージョンが作成されて、問題を解決してくれます。

なので、新しいバージョンがリリースされたら、必ずアップデートをしておきましょう!

また、Bluetooth機能を使わないときは、その都度オフにしておくことが推奨されています。

古い端末は使わない

古い端末を使っていますと、最新のOSバージョンにアップデートすることが出来なくなるため、セキュリティが甘くなってしまいます。

古いバージョンだと、新種のウイルス対策に対応していないので、容易にデバイスを乗っ取ることが出来てしまいます。

おおよそ、2年に1回の頻度で新しく買い換えることがおすすめです。

セキュリティアプリをインストールしておく

アプリをインストールする機会の多い人には、セキュリティソフトの導入をお勧めします。

セキュリティソフトは、外部からの攻撃の有無を常時監視してくれていますので安心です。

ただし、検出できない新種のウイルスが開発されている可能性かありますので、必ずしも防げるとは限りません。

アプリの整理整頓をする

ハッカーは私たちの見ず知らずの間にウイルスアプリをインストールします。

デバイスの異変にいち早く気付けるよう、むやみなアプリやソフトのインストールは控えて、使うアプリは必要最小限にしておきましょう。

目安として、1ヶ月以上起動していないアプリがあれば消去しましょう。

まとめ

今回紹介したBluetoothウイルス以外にも、Wi-Fiに接続しただけで個人情報を抜き取る別の手口も最近では増加していますので、大事なスマホは常に警戒しておくようにしましょう!

-コラム

Copyright© はげログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.