おでかけ

タイヤチェーンの装着が義務化に。対象区間一覧

更新日:

年末年始で帰省したり、旅行に行ったりと車が活躍すると思いますが、2018年12月10日より一部の道路でタイヤチェーンの装着が義務となったんです。

もし対象区間で装着をしていなかった場合は罰則規定もあるのですが、この新制度はかなりややこしい部分があるので確認しておきましょう。

 

 

雪が降れば装着しないといけない!訳ではない

タイヤチェーンの義務化によって、ネット上では、

「雪国の生活をわかっていない」「ばかげている」と批判の声が相次いでいます。

 

ですが、国土交通省の情報によると、

義務化にするのは…

  • 異例の降雪量
  • 通行止めに相当する積雪

このように緊急時の場合に限って、チェーンを装着していれば車が通行できるわけです。

国土交通省では、冬期道路交通確保対策検討委員会でとりまとめられた、「大雪時の道路交通確保対策の提言 中間とりまとめ」に基づき、「道路ネットワーク機能への影響を最小化」するため、除雪体制の強化や集中除雪、大雪時の需要抑制の呼びかけ等の取り組みを進めているところです。

〇 このうち、チェーン規制については、

・時期:大雪特別警報や大雪に対する緊急発表が行なわれるような異例の降雪時
※平成29年度は、大雪特別警報の発令はなく、大雪に対する緊急発表は3回。

・場所:勾配の大きい峠部でこれまでに大規模な立ち往生などが発生した区間を対象として、従来であれば通行止めとなる状況においてタイヤチェーン装着車のみ通行を可能とするものですが、現時点で、国土交通省と警察において調整しているチェーン規制区間は別紙のとおりですのでお知らせします。
⇒ 全国13区間(うち 直轄国道6区間、高速道路7区間)

 
○ 具体的な開始時期については、改めてお知らせいたします。

○ また、大雪が予想される2~3日前より通行止め実施の可能性がある旨について事前広報を行い、不要不急の外出を控えることや広域迂回、並びに物流車両の運行計画の見直しなどについて、地域住民や道路利用者に周知してまいります。

引用元:国土交通省

政府としては、あくまで立ち往生になる事態を防ぐために設けられた制度だと思います。

だから、少々の降雪や積雪でもチェーンをつけないといけないことはありませんので誤解しないようにしましょう!

 

 

義務化対象区間

高速道と一般道それぞれで着用義務区間があります。

日本海側に行かれる際は特にご注意ください。

 

高速道

 

 

一般道

 

 

 

装着していない時は罰則も!

では大雪の際、対象区間内をチェーンなしで運転していた場合どうなるのか?

  • 6ヶ月以下の懲役、または30万円以下の罰金が課せられる

普通の交通違反とは異なり、かなり厳しい罰則を設けています。

 

うっかりミスで犯すような違反では済まされない内容なので、日頃からタイヤチェーンを常備しておくのが無難でしょう!

 

 

 

備えは今のうちに!!

近年は異常気象の多い状況が続いています。

いつゲリラ豪雪が起こってもおかしくありませんので、都会にお住まいの方でもタイヤチェーンを持っておくことをおすすめします。

 

【タイヤチェーンの嫌なところ】

  • ジャッキアップする手間が必要
  • 付け方が難しい
  • 途中で外れる
  • 鎖なため重いし、冷たい!

とにかく大変な印象が多いと思います。

 

安心の日本製タイヤチェーン「カーメイト」

カーメイトのタイヤチェーンはユーザーの嫌なところすべてをカバーしてくれている万能品なのでめちゃおすすめです!

  • 素材はスポーツシューズにも使われているTPUなので、軽い!
  • ジャッキ不要で簡単に装着完了
  • 3点ロック式となっているので外れにくい
  • スパイクピンがチェーンについていてアイスバーンでも安心
  • JASA(日本自動車交通安全用品協会)の規格品!

さらに親切なことに取り付け方の動画もありますので、不便なところはありません!

一つ注意なのが、車種によってチェーンが合わない物もありますので、必ずメーカーと車種名に沿ったものを選びましょう。

 

せっかくのおでかけで災難に遭わないために、今回の制度を忘れずに覚えておきましょうね♪

-おでかけ

Copyright© はげログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.