健康

【ダイエット】食べる順番を変えるだけで太らない体になるぞ!

投稿日:

食べる順番を変えるだけで太りにくくなる理由は血糖値が関係しています。

血糖値は急激に上げてしまうと最終的に脂肪を溜めてしまう=太る原因になります。

急上昇を防ぐ方法こそ、食べる順番です!!

 

 

 

食事制限なし!食べる順番ダイエット

ではとんかつ定食で解説します。

普通なら完全なる『デブ食』なわけですが、食べ方を工夫すれば問題ありません!笑

 

 

最初は食物繊維から!(キャベツ)

食物繊維には血糖値の上昇を緩やかにする働きがあり、一番最初に食べることで急上昇を防いでくれます。

 

ポイントは

一口食べればいいのではなく完食すること!!

 

子供の頃、親から「三角食べをしろ!偏った食べ方はするな」となんの根拠もないのにうるさく言われましたが、実際違っていたことが証明されました。笑

 

【食物繊維のある料理】

  • 野菜
  • つけものなどの発酵食品
  • ひじきなど

 

 

たんぱく質(とんかつ)

たんぱく質を摂ると太ってしまうと認識する人がよくいますが、この言い伝えも間違いであります。

むしろ食べないと痩せませんから!!

 

たんぱく質は筋肉を作る上で大事な材料です。

摂取が少ないと筋肉量が減少、すると運動能力も低下に。

そこで脳がもっと食べて体力をつけなさいと指令を発し、自然と食欲が増加→結果的に食べすぎによって太ってしまう『負の連鎖』が起きてしまいます。

 

たんぱく質の中でもさらに細かく区分けされ、

大豆や豆腐など「植物性たんぱく質」肉・魚・卵など「動物性たんぱく質」の順番に食べるのがおすすめ!

 

 

炭水化物(白ご飯)

脂肪やたんぱく質よりも血糖値を上げるのが炭水化物です。

糖尿病の原因因子の一つにもなっているくらい食べ方に注意しないといけません。

じゃあ血糖値が上がるんやったら、いっそのこと抜いたほうが一番良いんじゃないかと思いますが、それもダメ!!

炭水化物(糖分)は脳や神経の栄養素とされており、万が一不足すると判断力の低下し注意力が散漫になるなど脳に悪影響を及ぼすのできちんと摂取しましょう。

 

肝心なのは摂りすぎないことであり、また摂取する時間帯にも気をつけるべきです。

例え日中に取りすぎてしまったとしても、また体を動かしますのでそれほど気にすることはありません。

 

問題は夜です。

夜は活動が終わってあとは寝るだけですよね。

にも関わらず、夜は飲み会などでお昼以上に炭水化物を取ってしまいがち。

 

エネルギーに使うことがなくなった糖分はどうなるのか?

そう、脂肪となって体内に蓄積するわけです。。

だから夜に炭水化物を食べると太ってしまうんですねー。

 

 

 

確実に痩せたかったら運動をするしかない!

以上のことを踏まえ、食べる順番さえ気を遣っておけば太りにくい体となることは間違いないです。

 

でも確実に痩せたい場合、それは運動をして脂肪燃焼をするしか方法はありません。

食事だけで痩せたい、そんな横着をしても効果は期待できませんし、ストレスによってリバウンドする可能性が高いのでご注意を!

 

 

 

まとめ

  • 食事の順番次第で痩せにくい体にする方法は血糖値の上がりにくいものから先に食べるだけ!

 

  • 血糖値が上がりにくい食べる順番。①野菜②肉や魚③米やパンが理想的

 

  • 炭水化物は三大栄養素(たんぱく質・脂質)の中で最も血糖値が高いので必ず最後に食べること!

 

  • 確実に痩せるには運動をして脂肪を燃焼することが最善法

-健康

Copyright© はげログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.