スポンサーリンク

健康

【事実】食後すぐの歯磨きはまったくの逆効果であり得ない行為だった

投稿日:

隅々までちゃんと磨いているのにも関わらず口臭がキツくなる原因、それは食後すぐの歯磨きにあるかもしれません。

これまで当たり前におこなっていた習慣でしたが、世界では非常識とされている驚きの事実があります!

 

 

 

食後“すぐ”がダメ!

歯は酸が表面に覆われていることで綺麗に保たれていますが、食事をした直後は一時的に溶けてしまいます。

なんの保護もされていない無防備状態です。

そんな状態で歯磨きをすると、ブラシの摩擦によって歯の表面を傷つけてしまうため逆効果になってしまうわけです。

 

また、食後は唾液が多く分泌されています。

唾液には様々な役割を持っており…

  1. 食べかすを洗い流す
  2. 歯垢の発生予防
  3. 歯の表面に粘膜を作る

とても力強い役目を日々果たしています。

なので、唾液が減少し始める食後1時間前後をメドに歯磨きをするのがベストです。

 

 

歯磨き粉は使わない

歯磨き粉を使うほうが汚れも落ちやすくて爽やかになると我々は勝手に思われがちです。

が、どうも歯磨き粉は積極的に使う必要はないと最近明らかになり、むしろ使いすぎると悪影響を及ぼすこともあるそうです。

歯磨き粉の成分には、舌の粘膜を傷つけるデメリットがあり、やがて口臭の原因となります。

 

なので、高いお金を出してまで良い歯磨き粉を使う必要はありませんし、水だけでブラッシングをしても十分に効果的です。

 

 

 

歯磨きをやめてガムを噛むべし

さきほどから何度も言っていますが、口臭や虫歯など歯を健康に保つのに大事なのは「唾液」です。

極端な話、唾液をたくさん分泌させておけば、汚れを落としてコーティングまでしてくれるので歯を磨く必要なんかありません。笑

ただ就寝前と起床後は口の中の細菌が多くあるため、しっかりブラッシングする必要があるので誤解しないで下さい!

 

一方で昼食後の歯磨きはもう必要なし!!

これからは歯磨きをする代わりにガムを食べるようにしましょう。

海外では食後のガムは一般的なことだそう。

 

ガムの種類は豊富になっていて、歯の健康を保つ成分が含まれた歯科専用ガムというのも最近では登場しています▼▼

実際私も歯科専用のキシリトールガムを愛用しています。

普通のガムと違う点

  • キシリトール以外の甘味料がないので甘いのが苦手でも大丈夫
  • ガムの硬さが普通の2倍もあるので咀嚼力が鍛えられる!

 

口臭は人の印象を左右するほど厄介なものです。

体質や食生活を気にする前に、まず日頃の歯磨きを見直して爽やかな口元になれるよう努力していきましょう♪

-健康

Copyright© はげログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.