健康

【危険】赤ちゃんに「はちみつ」を食べさせては絶対にいけない理由

投稿日:

最近になって明らかになったことだそうですが、ハチミツを赤ちゃんが食べてしまうと、死亡する事例が発生し、厚生労働省が注意を呼びかけています。

一見アレルギー性のないものですが、赤ちゃんに限ってダメな理由があります。

 

 

 

死に至る乳児ボツリヌス症とは

ボツリヌスとは、、

ボツリヌス菌のことを言い、川や海など土壌に広く存在している身近な細菌です。

 

ボツリヌス菌の特徴

  • 乾燥や熱に強く、100℃の高温で数分間加熱をしても死滅しない
  • 極めて強い毒素を産生する
  • 大人がボツリヌス菌を体内に侵入させても腸内環境が整っているためすぐに死滅する
  • 乳幼児の場合は腸内がまだ未熟であり、体内に入ると増殖し、呼吸困難の症状を引き起こす

実際、2017年に生後6ヶ月の男児が1ヶ月間に渡ってハチミツ入りの離乳食を食べた結果「乳児ボツリヌス症」により死亡した事例があります。

両親は乳児がハチミツを食べてはいけないことをまったく知らなかったと後に話しているそうです。

 

 

触れるのはOK?

触れることに関しては特別問題はありませんが、赤ちゃんは何でも口に入れるので触れることもしないほうが良いかもしれません。

 

 

妊娠中に摂取するとどうなるのか?

妊娠中にハチミツを食べたとしても、母親の腸内で菌が死滅するので食べても大丈夫です。

 

 

 

ボツリヌス菌が知られていない現実

実はハチミツの容器には「一歳未満の幼児には与えないでください」と明記されています。

しかし、クックパッドなどレシピサイトではハチミツを使った離乳食が一部出回るなど、乳児ボツリヌス症の存在があまり認知されていないのが現状です。

 

 

高齢者の認知率は50%以下

2017年に消費者庁が行ったアンケートによると、

60歳以上の男性と80歳以上の女性の約半数が「乳児にハチミツを与えてはいけないことを知らなかった

と答えていたそうです。

そのため、実家に帰省をした際に親切心からハチミツを与えて、食中毒になる事故が相次いでいるので、注意しなければいけません。

 

 

 

こんな症状があるときは要注意!

初期症状としては、便秘が続きます。

進行すると、、

  • 泣き声が弱くなって
  • 全身の筋力が低下し、動きが鈍くなる
  • 哺乳力が低下

この時点で適切な治療を開始していれば特に問題はありません。

が、そのまま放置してさらに進行すると…

けいれん・呼吸困難を引き起こし、最悪の場合死に至ることもあります。

 

 

 

1歳を超えるとハチミツを食べても良いのか?

生後1年以上になると、離乳食を食べる機会が訪れ、それに伴い腸内環境も整いますので、ハチミツを口にしても問題ありません。

むしろ砂糖と比べて低カロリーで、保湿効果があるので、風邪予防にも最適です♪

 

とはいえ、乳幼児は病原菌に適応できる能力が未熟なため、ボツリヌス菌中毒以外にもさまざまなリスクを引き起こすものがあります。

赤ちゃんは自分で物事が言えないうえ、判断ができないので、あらかじめ口にしてはいけないものを親御さん自身で認識しておく必要があります。

 

 

 

ハチミツ以外にもあった「食べさせてはいけないもの」

この本にはハチミツのほか、乳児が食べてはいけない食べものが詳しく掲載されています。

私たちが普段口にしている冷たいアイスも毒となることもあります。。▼▼

また消費者庁のホームページには子供の事故防止に関する情報が一通り掲載されていますので、この機会にチェックしておきましょう!

-健康

Copyright© はげログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.