インフルエンザ対策 健康

インフルエンザの予防接種をすることの本当のメリット

更新日:

これまでインフルエンザには2回感染してしまった私。

その内1回は予防接種をしても感染してしまいました。

それでも私はワクチンを毎年欠かさずに接種していまるのですが、必ず打っておいた方がいい 理由が あります。

予防接種を打つ=インフルエンザを防ぐことではない

多くの人が予防接種を受ければインフルエンザ自体ならないのではないか!

と多くの人がそう思っています。

その考えは間違いです。

先程も申し上げた通り私もワクチンを打ったあとに感染しています。笑

すでに一度インフルエンザを経験した私にとってはお金の無駄遣いだと感じ、もう予防接種はやめておこうと思っていました。

ですが、ワクチンを打つ本当の意味を知ったのは感染した後のことでした。

インフルエンザワクチンは重症化を防ぐためにある

初めてインフルエンザに感染したとき、

ワクチンを打っていない状態で感染しますと、起き上がるだけでもしんどいくらい症状が重かったです。

とにかく、咳と喉の痛みが酷く、ついには気管支炎も併発するくらい症状が悪化してしまいました。

もうこの辛さをもう味わいたくないと、それ以降は毎年予防接種を受けるようになったわけですが、それでも2回目の感染。

しかし、2回目にインフルエンザになった時、1回目と明らかに違った点があります。

  1. 体調が回復するスピードがめちゃくちゃ早かったこと
  2. 症状が軽く済んだ
  3. 感染症でも普通に食欲があった!

とにかく体調の回復が早かったです!

初めて感染した時は、3・4日は完全にノックアウト状態(ずっと寝ていました)でしたが、2回目の時は2日目の後半には、ほとんど熱が下がっていて、ゲームをするくらいの元気を取り戻していました♪

おまけに食欲も普通にあって、病人だったのにも関わらず、お肉を平らげていました。笑

やはり、ワクチンを打つことによって最小限の被害に抑えられていることは事実でした。

実際、気管支炎など合併症にもならずに治ったので、かなりの効果はあったという事を強く感じました!

特に乳幼児やお年寄りは私のような若者と比べて、より重症化または肺炎などの合併症を引き起こす危険性が高いので、必ず予防接種を受けておきましょう。

予防接種の時期や値段は?

まず予防接種をするのに適切な時期について

  • インフルエンザの患者数は毎年12月〜3月が特に多い
  • ワクチンの効果を発揮させるためには11月中の接種が妥当
  • インフルエンザワクチンは接種後、2週間から効果が出始めて、約5ヶ月くらいは持続する

【値段について】

  • 各医療機関によって値段はバラバラ
  • 平均して1回の接種あたり約3000円前後
  • 大人は免疫力があるため、1回接種するだけでインフルエンザの症状を抑え、かつ合併症のリスクを減らせる
  • 一方で乳幼児は免疫が未熟なため、2回接種する必要があるので注意!

    何度も言いますが、インフルエンザのワクチンの効果というのは、感染を防ぐことではなく、感染した後の重症化を防ぐためのワクチンです。

    感染することをなるべく防ぐためには、日頃の生活習慣を正すこと!

    睡眠時間の確保・バランスの取れた食事・適度な運動

    これをするだけでも発症するリスクを減らせます!

    -インフルエンザ対策, 健康

    Copyright© はげログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.