スポンサーリンク

健康 花粉対策2019

【花粉症対策】爆発的に飛散する時間帯・天候❝悪魔の3時間❞とは!?

更新日:

花粉の飛散量はその日の天気や気温、風の強さによって、大きく変化していきます。

その中で特に警戒しておきたい「悪魔の3時間」と呼ばれている危険な時間帯があり、普段の数倍多量に飛ぶことがあるんです。。

 

 

 

花粉が大量飛散する日の天候

  • 気温の上昇と強い風

風が強くなりますと、単純に木々が大きく揺さぶられますので、その分大量の花粉が放出されてしまいます。

これに気温が高くなると、より花粉が舞い上がりやすくなります。

 

 

  • 乾燥注意報が発令されているとき

空気が乾燥している=大気中の水分が少ない状態。

スギやヒノキ花粉のシーズンは空気がカラカラなため症状を訴える人が多くなります。

乾燥していると、花粉は地面に落ちずに舞い上がったままとなるため吸い込みやすくなってしまいます。

 

 

  • 雨上がりの翌日が晴れ

雨が降っている時は雨粒と一緒に花粉も地面に落ちていきます。

そのため空気中の花粉量はほぼありませんので、症状は起きません。

しかし雨が上がり、翌日が晴れになりますと状況が一変します。

地面に溜まった水分が乾燥し、花粉が一気に舞い上がり+朝方に雨が止んでしまえば、通常の花粉飛散とのダブルパンチになってしまうため、ここで悪化する人が急増します。

私も雨上がりの時はいつもより数倍症状が重くなってしまいます。

 

 

 

雨が降っても花粉が無くならない理由

雨が降って花粉が少なくなっているはずなのに、なぜむしろ増えてしまうのか??

花粉にはとても厄介な点があったんです。。

 

それは、花粉の粘着力が強いところ!!

 

特に都市部はアスファルトが多い影響で、花粉が地面に落ちても流れない大きなデメリットがあります。

都市部に花粉症患者が多い理由もこれに当てはまるわけです。

 

 

 

一日で最も飛ぶ“悪魔の3時間”について

多くの花粉症患者の中で特に気をつけておきたい魔の時間帯があります。

 

それはお昼11時〜2時までの3時間です!!

 

なぜこの時間に大量飛散をするのか??

答えは気温です。

 

上記でも解説しましたが、花粉が飛びやすい条件の一つに気温が高いときの場合に多く飛散すると言いました。

その条件を踏まえてグラフを見ていきますと、一日の中で気温が最も上がる時間帯が11時〜14時の3時間とされています。

引用元:サンドラッグ

雨の日など気象条件によっては異なることもある

 

なので、この時間帯に外出するのは完全にアウト!!

自ら悪化させているため、自業自得と言っても過言ではありません。。

 

 

一方早朝(午前5時が最も低い)や夜の時間帯は比較的飛散量が少なくなっています。

夜の時間帯でも、始めのうちは気温が低下すると同時に花粉が落ちてきますので、20時以降がベストです!

 

 

 

まとめ

花粉が飛散しやすい天候・時間帯は、、

  • 雨上がりの翌日が晴れで風が強い
  • 気温が高くて空気が乾燥している
  • 一日の中で最も気温が上がる13時〜15時(悪魔の時間帯)は特に飛散量が多い
  • 対して早朝と夜遅くは比較的少なめ

 

こうしたことを踏まえて、買い物や用事ごとは朝か夜に!!

昼間は極力屋内に避難するように心がけましょう。

-健康, 花粉対策2019

Copyright© はげログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.