コラム

会話が続かない悩みの原因は相性が関係している

投稿日:

会話が続かない問題はコミュ障である私の中で大きな悩みとなっているわけですが、なんでも自分の能力不足を原因にする必要はないかもしれませんよ!

 

 

 

どんな人でも相性がある

食べ物と同じく、人間同士も好き嫌い相性はあります。

当然ですよね、相性が無ければ会話術さえ学んでいれば誰でも喋れるようになってしまうんですから。

 

でも現実はどうですか??

どれだけ長く関わっている人でも「この人なんか苦手だからあまり喋りたくない」と感じた経験、 誰しも一度はありますよね?

 

どれだけ会話ができて、話題作りも上手な人でも苦手な人だと認識すると会話が続かないことなんか当たりまえです。

 

コミュ障だからどんな人でも話ができないと思いこむことは今日でもうやめましょう!

ただ単に社交的な人よりかは気の合う人と判断する条件が厳しいかもしれない、あるいはまだ出会っていない。

そういう風に私は考えを改めています。

 

 

 

合わなかったら無理に付き合わない!

直感で苦手・合わないと感じた人については会話をしなくても別に言い!と開き直ることも時には肝心です。

あらかじめこの人は自分と合わない人と認識していればそこまで落ち込まないと思いますし!

 

むしろ合わないのに無理矢理会話をしようと努力をし、実際喋れなかったときのショック度は計り知れません。

そうなると、コンプレックスをより強くしてしまい、話し下手なんかもう治らないものだと頭に染み付いて余計に根暗になってしまいますから。。

 

人間関係には向き不向きが必ずあります。

今まで気軽に会話の出来る人がいない人は、まだそんな人と出会えていないから思うように会話が続かないことでしょう。

 

会話を上手くする方法よりも、、

まずは出会いを増やすことを最優先にし、相性の合う友達を作ることから始めていきましょう!

 

そうすると自分に自信がついていきますので!

案外コミュ障じゃなかったりするかもしれませんよ。笑

 

 

 

まとめ

  • 人間である以上どんな人でも気軽に会話が出来ることはない!

 

  • 相性の良し悪し次第で誰にでも喋れなくなることはある

 

  • 口数を増やす努力より人と出会う努力を優先に!

 

  • 気の合う友人を探して見つけろ。そうすると自身がついて話下手も自然と治っていることが多い。

-コラム

Copyright© はげログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.