おでかけ コラム

最先端!赤羽の無人コンビニ突撃レポート

更新日:

人手不足が深刻化しているコンビニ業界ですが、人件費削減の一環として、赤羽駅にて無人のコンビニ営業を試験的におこなっているということで、実際に買い物してみました!

 

5・6線のホーム上で営業

実験店舗はJR赤羽駅の3・4番ホームの中程にあります。

店内に入る前に案内の人が初めて利用するかと聞いてきます。

初めての場合は、買い方から決済の方法まで一通り丁寧に説明してくれます。

大前提として、この無人コンビニはSuica※の決済でしか買い物が出来ません。

交通系ICカードならPASMOやICOCAなどの他社カードでも入店可能

またオートチャージもここでは出来ないので、事前に完了しておく必要があります。

 

買い物方法

まず店内へはSuicaでタッチするとドアが開き、中に入れます。

店内は撮影禁止だったため外から撮影しています。(外側からの撮影は可能)

カメラの認識能力の問題なのか、約140品目と品揃えは決して多くあありませんが、見たことのないお菓子が多かった印象!笑

後に、このコンビニと紀伊国屋がコラボしていたことが判明しました。

タバコとお酒は販売されておりませんのでご注意を!

 

ちなみに私が買ったのは、、

紀伊国屋特製バウムクーヘンと〜

こちらはどこにでも売っているオレンジジュースです。笑

商品が決まったら、出口付近のセンサーに立ちます。

すると、1秒もしないうちに速攻で手にした商品が認識!

天井に付けられた16台のカメラで人物を特定。

ディスプレイに購入する商品が表示されるので、間違いなければSuicaをタッチして決済完了!

同時に扉も開いて退店。これで完了です。

 

驚異の一発認証!

実験段階とはいえど、まず商品の認識率が抜群でびっくりしました!

自動認識の場合、一つ一つの商品に特殊なタグがついているのかと思っていましたが、特にそのような物は見当たらず。

代わりに商品棚に約100台のカメラが付いており、天井のカメラと連携して認識していると思われます。

AIの認識技術がすごい勢いで発達していることが今回実感しました!

どの人物がどんな商品を手にしたかを事前に学習させているので、新しい商品も随時追加させることも可能なんです。

 

仮に万引きをしようとしても、商品のリストに載ってしまうので強行突破しか手段はないでしょう。笑

防犯性にもかなり優れています!

 

ただ一つ厄介なのが、商品を見るだけということが不可能なので、入ったら何か商品を購入しないと出られません。

また処理能力の問題で、現在のところは一度に3人までしか入店出来ないが、今後の技術の発展に期待したいですね。

 

赤羽無人コンビニ

住所︰〒115-0045 東京都北区赤羽

営業時間︰10:00〜20:00

休日︰土日祝

期間︰12月中旬まで

-おでかけ, コラム

Copyright© はげログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.