健康

インフルエンザ経験者が語る。風邪と症状が大きく違うところ

更新日:

これまで2回目インフルエンザに感染した者から言いまして、普通の風邪とインフルエンザは明らかに症状が違います!

インフルエンザかな?と思っている人はぜひ病院に行く参考にしてほしいと思います。

症状の進行がとても早いインフルエンザ

まず明らかにインフルエンザと普通の風邪で違う点が、悪化する速度の違いです。

  • 普通の風邪はだらだらと徐々に体調が悪くなっていく
  • 対してインフルエンザは急速に症状が悪化する(朝は元気!だけど夜になると突然40℃近くの高熱を発症)

インフルエンザは感染症のため、兆候というものがほとんどありません。

なので、突然風邪のような症状とともに38℃を超える高熱を発症するんです。

※インフルエンザは、解熱剤など市販の風邪薬を飲んでも効き目がほとんどないことも特徴です。

もし朝は元気だったとして、その後急に体調を崩した場合はインフルエンザの疑いが強いでしょう。

症状の違いについて

普通の風邪の症状について。

  • 部分的な症状が多い(頭痛、腹痛、せき、鼻水、鼻づまり)
  • 発熱があったとしても高くて38℃台

対してインフルエンザの症状は?

  • 全身に症状が出る(全身関節痛、筋肉痛、だるさ、激しい悪寒がメイン)
  • 全身症状に加えて、頭痛や喉の痛みといった普通の風邪の症状も発症する
  • 激しい悪寒のあとに38℃以上の発熱が出る

インフルセンザの疑いがあればすぐ病院へ!

インフルエンザはとにかく時間との勝負です。

一般的に発症から48時間以内に治療を開始すれば、回復するスピードが早くなります。

いつもの風邪と違うなと感じたら、まずは病院で検査を受けてみましょう。

特に乳幼児や高齢者の場合は免疫力が弱い、または未熟であるため、症状が悪化する危険性があります。

また、インフルエンザは合併症のリスクもあります。

特にインフルエンザと肺炎が合併するケースが多く、最悪死に至ることもありますので、初期治療がとても大事になります。

可能であれば、元気なうちにインフルエンザの予防接種を受けておきましょう!

-健康

Copyright© はげログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.