インフルエンザ対策 健康

そもそもインフルエンザが危険な理由

更新日:

冬に寒い時期になると流行し始めるインフルエンザ。

抵抗力の弱い子供や高齢者が感染すると、命に関わることケースもあります。

そうならないためにも、正しい知識を身につけて、感染しないよう心がけましょう。

 

そもそもインフルエンザって?

まずは、インフルエンザウイルスについて勉強しましょう。

インフルエンザウイルスは、A型・B型・C型の二種類があります。

【A型】

  • 毎年季節の初めに流行
  • 他の型に比べて、より症状が重く、合併症のリスクが高い
  • 最も患者数が多いためか、ウイルスの変化が起きやすく、ワクチンの予測がしにくい厄介なウイルス

 

【B型】

  • 冬の終わりに流行し始めるのが特徴
  • お腹の症状が中心で、下痢や腹痛を訴える人が多い

 

【C型】

  • 子供に多い型のウイルス
  • 一旦感染すると耐性が付くため、大人で症状を引き起こす可能性は極めて低い
  • 症状があったとしても、普通の風邪の症状くらい

同じインフルエンザでも、ウイルスが異なりますので、流行時期に二回かかってしまう患者もいます。

C型を除いては、一度感染したから大丈夫だ!と決して安心しないように注意しましょう。

 

症状について

インフルエンザの特徴的な症状としては、、

  • 急な高熱(38度以上)
  • 関節痛や筋肉痛
  • 激しい寒気
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 咳や咽頭痛、鼻水、痰

咳や鼻水、咽頭痛など普通に風邪と似ている部分もあります。

しかし、大きな違いとしては、インフルエンザは38度を超える高い発熱が出て、関節が痛くなり倦怠感があるということです。

これが普通の風邪との見分ける特徴です。

インフルエンザかもしれないと気がついたら、必ずマスクをして、ほかの人にうつさないようにしましょう!

 

インフルエンザが危険な理由

インフルエンザの恐ろしいところ。

それは、抵抗力の弱い高齢者や子供が感染すると、重症化しやすいことです。

そのほかにも、基礎疾患のある方も重症化しやすいと言われています。

【悪化しやすい疾患一覧】

  • 呼吸器疾患がある
  • 糖尿病がある
  • 慢性腎臓疾患がある
  • 循環器疾患がある

 

特に子供がなりやすいものとして警戒しているのが「インフルエンザ脳症」です。

もし、インフルエンザの治療中に以下の症状が現れたら、すぐに医療機関を受診するように心がけましょう。

  • 意識障害
  • 痙攣
  • 意味不明な言動や行動
  • 食事を摂っていないのにも関わらず激しい嘔吐がある
  • 激しく泣く

このような症状が見られたら「インフルエンザ脳症」の疑いがありますので注意してください。

 

いかがだったでしょうか。

もしインフルエンザかなっと少しでも思ったら、重症化を防ぐためにもすぐに医療機関にかかる事が大切です。

また、二次感染を防ぐためにも咳エチケットやマスクをして気をつけるようにしましょう。

 

まとめ

  • インフルエンザウイルスは二種類に分かれるため、一年に2回感染することがある
  • 症状は風邪とほとんど同じだが、急速に症状が悪化することがインフルエンザの特徴
  • 免疫が弱い高齢者や子供は「肺炎」や「脳症」などの合併症を引き起こし、死に至ることもある
  • 基礎疾患がある方も重症化のリスクがある

-インフルエンザ対策, 健康

Copyright© はげログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.