コラム

災害の時に役立つiPhone機能「緊急SOS」の使い方

投稿日:

地震、津波、噴火、台風など、地球温暖化によって、近年はさまざまな自然災害が増加しています。

特に日本は災害が多い国のひとつです。

いつどこで何が起きても迅速に連絡が取れるかが、命を救う方法の一つだと私は認識しています。

そんな不測の事態に遭遇した時に役立つのが、スマホのSOS機能です。

多くの人が使っているiPhoneには、実は「緊急SOS」という機能が搭載されていることをご存知でしょうか?

 

 

緊急SOSとは

iOSバージョン11から公式に追加された機能。

iPhoneのスリープボタンを素早く5回連打すると、警察・消防や救急・海上保安庁に速やかに発信されます。

 

さらに、通報と同時に、今あなたの居る位置情報を自動的に発信先に送信されますので、パニックになった時でも安心です!

※普段位置情報の設定を「オフ」にしていても、緊急SOS機能を使用しているときに限っては、自動的に「オン」になりますので、使用する度に切り替える面倒は不要です!

 

 

連絡先の追加も可能

緊急SOS機能には、警察や消防以外にも家族や友人などを緊急連絡先として登録することも出来ます。

なお、一般の人に緊急通報した場合でも、自分の位置情報を自動的に発信され、通報相手の携帯にテキストメッセージで届きます。

 

例え、位置情報が送信された後に場所を移動したとしても、そのたびに居場所を送信してくれますので、すれ違ったりすることもありません!

スポンサーリンク

 

設定方法

①「設定アプリ」を開き「緊急SOS」をタップ↓↓

 

②「自動通報」をオンにするだけで設定は完了です↓↓

 

※発信のカウントダウンをしているときに警告音を出したい場合は「カウントダウンで音を出す」をオンにしましょう↓↓

 

周囲の人に気づいてもらいたい時に便利です。

ちなみに設定をオフにしていても、スリープボタンを5回押せば緊急通報が出来ます。(自動通報は出来ないので注意!)

 

 

他のスマホにも緊急通報機能はあるのか?

ここまで紹介したのは、iPhoneに限った緊急連絡方法でした。

では、Androidスマホにも同様の機能は搭載されているのでしょうか?

※しかしAndroidスマホは、iPhoneと違い、機能が共通されていませんので、古い機種のスマホだと標準搭載されていない場合があります。

 

Androidスマホの場合、ロック画面の隅の方に「緊急通報」という項目が表示されていることが多いです。

お使いの機種によっては、スリープボタンを長押ししないと緊急通報出来ないものもありますので、検索してみてください。

 

 

災害はいつ、どこで起きるか予測することは不可能です。

突然の事態にも冷静に、かつ迅速に対応出来るよう、緊急連絡手段は前もって確認しておくようにし、大切な命を守れるように備えておきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございます!

-コラム

Copyright© はげログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.