コラム

二日酔いによる頭痛や吐き気を0円で劇的に治すたった2つの方法

投稿日:

友達との付き合い、会社の付き合いなどお酒を飲む機会が頻繁にあると思います。

盛り上がってついつい飲み過ぎしまい、翌日は二日酔いで頭痛や吐き気に苦しめられている人もいるのではないでしょうか?

私も成人した直後は決まって飲んだ次の日は激しい二日酔いに悩まされていました。

そこで自分なりに調べて実践した結果、二日酔いの症状が劇的に良くなったので、私なりの方法を紹介します!

 

 

水分を取りまくるべし!

手っ取り早く二日酔いを治す手段としてイチオシの方法です!

私自身も二日酔いになったときはまず水分を念入りにとるよう心がけています

水分を摂るだけでも劇的に二日酔いが楽になります。

 

お酒には強い利尿作用あるため、体の水分が不足しやすくなり、二日酔いだけでなく脱水症状になる危険性が高くなります。

夏場だと汗もかくので尚さら注意が必要です

脱水にならないために、私はお酒と水を交互に飲むように心がけています。

 

また二日酔いはアセトアルデヒドと呼ばれる強い毒素があることが原因とされており、顔が赤くなったり、頭痛や吐き気の症状を引き起こします

厄介なことにアセトアルデヒドは体内に存在している限り二日酔いの症状が続くということです。

 

ポイントは、アセトアルデヒドを出来るだけ体内に蓄積させないことです。

なので水分をとって、尿や汗と一緒に毒素を排出するのが効果的です。

 

より効果的な水分補給の仕方

  • スポーツドリンクを飲む

→ 糖分と塩分が含まれているため胃腸に優しい

  • なるべく常温で飲む

→ 冷えたものだと、胃に刺激を与えてしまって二日酔いの症状を悪化させることがある

 

スポンサーリンク

 

空きっ腹で酒を飲むな!

二日酔いを改善する前に、まずは酔いを最小限にすることも大事です。

なるべく酔いにくくする方法がお腹に食べ物を入れてから飲むことです。

 

よく空腹の状態でお酒を飲んだら、酔いが回りやすくなると言われていますが、結論は事実です

胃の中が空っぽだと、血液中のアルコール濃度が急上昇します。

 

私たちが飲んだお酒は胃→腸→肝臓の順でアルコールを分解します。

空腹の状態でお酒を飲み始めますと、胃から腸へのアルコールの流れが急速に早くなってしまいます。

そうなりますと、肝臓でのアルコールの分解する作業が間に合わないため酔いやすくなってしまうのです。

 

対して、事前に胃に食べ物がある状態でお酒を飲むと、アルコールが腸に流れる速度が低下し、分解する作業もスムーズに出来ますので、べろべろに酔いにくくなります。

 

食べ物はタンパク質の多いものを選んで食べましょう。

タンパク質には肝臓のアルコール分解作業をより早くする効果があります。

おつまみの代表的な枝豆やチーズはタンパク質が多く含まれているので、最初の乾杯をしたあと、私はしばらく枝豆を爆食いするようにしています。笑

 

 

まとめ

以上が普段私が二日酔いをなりにくくしている方法でした。

この2つさえやっておけば、べべれけになりにくくなりましたし、二日酔いの症状も良くなりました。

 

誤解しないで欲しいのが、ここで紹介したのは、あくまでも二日酔いを軽減させる方法なので、完全に治すことではありません。

 

また飲みすぎてしまったら、どんな方法であれ、二日酔いの症状もひどくなってしまいますので、お酒はほどほどにしておくことが一番大事でしょう!

最後までご覧いただきありがとうございます!

-コラム

Copyright© はげログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.