健康

頭皮が臭う原因は髪の洗い方に問題あり!

更新日:

ご覧いただきありがとうございます♪

ジメジメと汗ばむ季節。体臭を気にしている人も多いかと思いますが、もう一つ気をつけておきたいのが頭皮の臭いについてです。

ただ単にシャンプーで洗っていれば問題ないと考えているあなた!

気づかない間に頭皮臭を周囲に撒き散らしているかもしれませんよ〜。

不快な思いをしないためにもここでは正しい頭皮ケアをご紹介します。

 

 

そもそも頭皮から臭いが出る原因

実は頭皮臭の原因は頭髪の両サイドから臭いを吸収→ 頭を動かすことで臭いを撒き散らします。

頭皮臭には2種類に分けられます。

  1. 頭髪臭たばこの煙や排ガスなど外部からの臭いを毛髪が吸収することで臭いを発する
  2. 頭皮臭フケや皮脂油など内部から臭う

頭皮は体の中で一番皮脂腺が多いため、雑菌が繁殖しやすく、少しでもケアを怠ると臭いが出てしまうのです。

 

 

シャンプーは2・3日に1回でもOK

皮脂油=嫌な臭いというものではなく、シャンプーの洗いすぎによって悪臭が起きるのです。

健康な頭皮は皮脂と汗が混じることで頭皮を保護する皮脂膜を作ることで臭いを防いでくれています。

スポンサーリンク

そんな皮脂膜ですが、夏場は朝シャンと夜の入浴の1日2回頭を洗う人が多いかもしれませんが、頭皮の細菌や皮脂膜をすべて流してしまうのは逆効果なんです。

皮脂膜が無くなると皮脂不足を補うために、皮脂の分泌量が過剰に増やしてしまいます

そうなると、皮脂油が毛穴に詰まってしまうことで悪臭や吹出物の原因となります。

 

日本人は特に髪を洗い過ぎだと言われています。

2・3日に1回のシャンプーでも良いそうで、水やお湯でしっかりと洗うだけで汚れはほとんど落ちるそうです。

 

でも、ジメジメで汗ばむ夏場だとどうしても毎日シャンプーで洗いたいですよね。。

そんな人におすすめなのが「塩シャンプー」です!

 

 

シャンプーをしない日は“塩シャン”で!

塩は自然塩を使います。

自然塩には頭皮のアカを取り除きますが、皮脂油の除去は防ぎますので、臭いだけを予防するのに効果的です。

市販のシャンプーを2日に1回にして、その間に塩シャンプーで洗いましょう。

ごわつきはありますが、かゆみが抑えられます!

 

塩シャンの作り方

2リットルほどのお湯に小さじ1〜2杯の自然塩を溶かす

 

正しい髪の洗い方

  1. 洗髪前にブラッシングをして、汚れを浮き上がらせておく
  2. 37度〜38度のぬるま湯で汚れを落とす→この時爪を立てて擦ると頭皮が傷つくので、指の腹を使って洗う
  3. 塩シャンプーを頭皮に少しずつかけながら、指の原で優しく頭全体をマッサージする
  4. 5分ほどかけてぬるま湯で塩を落とす

ぜひ塩シャンプーを導入して、頭皮にストレスのかからない状態に保っておきましょう!

 

 

頭皮臭を防ぐ方法のまとめ

  1. シャンプーで毎日洗髪することを避ける→ 清潔にしすぎると皮脂油が過剰に分泌して逆効果2日に1度で良い。
  2. 洗髪前の準備もしっかりと!→ シャンプーによる洗髪効果を発揮させるために、まず髪を濡らす前にブラッシングをして汚れを書き出して、ぬるま湯でよくすすぐとこの時点で汚れはほとんど落ちる
  3. 洗い流しはしっかりと!→ 洗い残しは効果を無くすだけでなく、返ってかゆみを引き起こします。塩シャンプーや普通のシャンプー共に、洗い流しは入念におこないましょう!

最後までご覧いただきありがとうございます!

-健康

Copyright© はげログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.