マネー

口座から直接チャージ!iPhone1つで決済できる「Mizuho Suica」の設定方法

投稿日:

みずほ銀行とJR東日本は2018年8月1日からクレジットカードが無くてもモバイルSuicaが利用出来る『Mizuho Suica』のサービスが開始されました。

これによってみずほ銀行の口座があれば、誰でもモバイルSuicaが使えるようになります!

 

 

みずほ銀行の口座からチャージが可能

通常、モバイルSuicaを利用するには…

これまで

事前にクレジットカードとSuicaを用意する必要があったため、クレジットカードを持っていないと利用できませんでした。

 

一方『Mizuho Suica』の場合

みずほ銀行の口座を開設することが出来れば、クレジットカードやSuicaが無くても、誰でもカード発行一切なしでモバイルSuicaが使えるようになりました!

銀行口座から直接チャージするため、クレジットカードでのお金の使いすぎを気にする心配がありません。

※みずほ銀行の店舗やみずほダイレクトの通常メニューからのチャージは出来ません。

 

 

利用できる対象機種

  • iPhone7・7 Plus/iPhone8・8Plus/iPhone X
  • Apple Watch Series 2/Series3
  • モバイルSuicaアプリに対応しているAndroidスマートフォン

 

 

紛失した時でも安心!

▼ iPhoneとApple Watchで利用する場合、万が一紛失した場合でも「iPhoneを探す」機能を利用すれば、簡単に利用を一時停止できたり、現在地を確認できるので安心です!

【対象端末】

  • iOSバージョンが10.3以上である
  • iPhoneまたはApple Watch

スポンサーリンク

利用開始までの設定方法

  1. みずほ Wallet』アプリ(旧みずほ銀行アプリ)をアプリストアからダウンロード
  2. アプリを開いてお客様情報を入力
  3. 引き落とす口座を選択
  4. チャージする金額を設定
  5. パスワードを設定
  6. Apple Payの設定
  7. モバイルSuicaが発行され、利用スタート!!

▼『みずほ Wallet』をダウンロードしておけば、口座の残高を簡単に確認することが出来るので、ATMでわざわざ確認する必要がなくとても便利です♪

 

 

利用する前に注意しておく点

操作次第でチャージが遅くなる

スマホからモバイルSuica銀行口座チャージサービスでチャージする場合、必ずみずほダイレクトの振込完了画面から「加盟店のサイトへ戻る」ボタンをタップしないといけません。

「加盟店サイトへ戻る」のボタンを押さずにアプリを終了してしまうと、チャージした金額の反映が数日延びるおそれがあります。

そうなると、電車に乗っている時、出場時にチャージが出来ず、駅員に対応してもらわないといけないため、思わぬ二度手間となってしまいます。

 

一部利用できないサービスがある

Suicaアプリでサービスを提供している『定期券』『グリーン券』『モバイルSuica特急券』についてはMizuho Suicaには非対応となっています。

 

時間帯によってチャージできない

  • 毎日2:00〜4:00
  • 毎週土曜日 22:00〜翌日曜日8:00
  • 毎週月曜0:00〜6:00
  • 毎月第1・第4土曜日の3:00〜5:00

上記の時間帯中のチャージは出来ません。ご注意を!

-マネー

Copyright© はげログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.