コラム

パスワードの定期的な変更は逆効果 ハッキングを防ぐためには

更新日:

これまでの常識では、ネットの不正アクセスを防ぐには、こまめなパスワードの変更が妥当だと言われてきました。

しかし総務省は、2017年11月に「定期的なパスワードの変更は不要」と発表しました。

また、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)でも変更の必要性がないことが判明しています。

 

 

なぜ必要が無くなったのか?

定期的にパスコードを変更してしまいますと、パスワードの作り方がパターン化されてしまいます。

また、定期的に変えないといけないので、少しでも手間を短くしようと考えてしまいます。

そのため字数を短く抑えるなど、つい簡単なものになるため返って逆効果となります。

 

ちなみにこの動きは国内だけでなく、アメリカ政府も警告するほど、こまめなパスワード変更は危険だと言うことがわかったのです。

 

 

変更だけでなく使い回しも厳禁!

パスワードの定期的な変更はやめておくべきことですが、もう一つ、パスワードを複数のサービスに使い回すことも絶対にやめましょう。

スポンサーリンク

仮に一つのパスワードを使い回してしまうことで起きること。

それは万が一、一つのサイトで不正アクセスがあると、第三者が他のサービスでもアクセスされてしまうからです。

ハッキングのリスクを少しでも減らすには、面倒だが、アクセスしないときには常にログアウトしておくように心がけましょう!

 

 

安全なパスワード作成が重要

定期的な変更が不要と言うことがわかると、ハッキングを防ぐために大事なこと、それは解析されにくいパスワードにすることです。

 

安全なパスワードの特徴

  • 個人情報から推測できない

→名前・生年月日・住所が含まれていない

  • 英単語をそのまま使っていない

英語と日本語が混ざっている(記号が使える場合は記号も入れる)

→英語を含ませる場合は大文字小文字を分けて使うとより良い

  • 字数が短くない

→短くなるほど解読するパターンが限られる

  • 安易な組み合わせになっていない

 

最後になりましたが、近年は「パスワードクラッカー」といったパスワードを推測するツールも登場しています。

あなたの個人情報が漏れないように、パスワードの作成はこれまで以上にしっかりとしたものにするよう、今すぐ変更することを勧めます。

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

-コラム

Copyright© はげログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.