コラム

ETCカードを差しっぱなしにしていると大変な事になる!

投稿日:

ETCをお持ちの方で車のエンジンを切った際、「ETCカードが残っています」と大音量で警告していて耳障りだなとー、と一度は感じたことはありますよね。

でも、いちいちカードを抜き差しするのは手間もかかるし、面倒だと思いますが、差しっぱなしにしていると大変な事態になってしまいますよー。

 

 

ゲートが反応しなくなる

ゲートが反応しない= ETC車載器の本体の故障、と普通は思われがちかもしれませんが、普段からETCカードを差しっぱなしにしている人は車載器本体ではなく、実はカードに原因があることもあります。

 

ETCカードには車載器に認識してもらうためのチップ(半導体)が入っています。

半導体は熱に弱いこともあり、カードを車載器に入れっぱなしにしておくと、チップ内の基盤が破壊されることがあります。

特に夏場は車内が高温になりやすくなるため、より壊れやすくなります。

 

車載器の説明書にも「ETCカードは熱に弱いので高温の場所に置かないでください」と注意書きされています。

なので、エンジンを切るたびにカードの抜き忘れを知らせていたのです。

 

ちなみに新車で最初からETC車載器を搭載されているものに関しては、設計時から熱への考慮がしているため、それほど心配しなくても大丈夫でしょう。

 

しかし、後付けで搭載する場合、ダッシュボードに設置することがあります。

ダッシュボードは真夏になりますと約70度(エンジンを切った状態)にまで上昇します。

 

多くのメーカーは、85度まで車載器が動作するように作られているため、本体は頑丈に作られていますが、 ETCカードのチップは高温に耐えられるようには出来ておらず、45度を超えると基盤が壊れやすくなるそうです

スポンサーリンク

盗難に遭っても補償してくれなくなる

ETCカードの差しっぱなしによるデメリットは技術的な面だけではありません。

防犯面でもかなりのリスクがあります。

普通、クレジットカードが盗まれて悪用されても、カード会社に連絡すれば、ある程度の補償はしてくれますよね。

しかしETCカードの場合、例え盗難に遭っても補償が一切効かない場合があります。

それが、車載器にカードを差しっぱなしにしていた際に盗難があったケースです。

 

なぜなのか!?

ETCカードは抜いておかないといけないと警告しているのにも関わらずそのまま車内に放置する。→これは本人の管理に問題があるとしてカード会社が判断。

重大な過失」となるため盗難が発生しても一切補償されない可能性が非常に高いので注意しておきましょう。

 

 

ETCカードの差しっぱなしが思わぬトラブルに繋がってしまいます。

乗り降りのたびに、カードを抜き差しするのはめちゃくちゃ面倒ですが、車を離れる時は必ず抜いておくようにしましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

-コラム

Copyright© はげログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.