コラム

経験者が教える「海外旅行」で注意すべき5つのポイント

投稿日:

今や年間で1000万人以上の人が海外旅行に行くそうで、修学旅行で海外に行く学校も珍しくない時代になりました。

一歩日本を出ますと、文化や言葉、人種もまったく変わってきます。

私もアメリカに行った経験がありますが、その時私が感じた海外旅行に行く際に気をつけておきたい点をここではご紹介いたします。

 

ぼったくりタクシーにご用心

近年急増しているトラブルの一つが「タクシーのぼったくり」です。

タクシーを利用する際に確認しておくべきこととして、

まず、事前に相場を調べておきます

そして乗車時に、必ず行き先といくらぐらいお金がかかるのかをきちんと確認しておきましょう。

 

もしその価格よりも大幅に上乗せされた金額を言われたら、ぼったくりの可能性が高いので他のタクシーにしましょう。

一度走り出してしまったら対処のしようがありません。

必ず乗車前に料金交渉をするようにしましょう!

 

 

気やすく話しかけてくる人に要注意!

「日本人は心が広くて親切な国」と外国人は認知されています。

とても素晴らしいことなんですが、それを逆手にとって、日本語で親しげに話しかけてきて財布や携帯を盗む輩が、残念ながら海外には大勢います。

しかも、外国人の場合は人の命を奪ってまで平気で物を盗もうとするのでとても危険です。

知らない言葉が飛び交う中、現地の人がしかも日本語で話しかけてきたら、自然と心を許してしまいますよね。

心が痛いかもしれませんが、窃盗を防ぐには、海外で見知らぬ人にいきなり日本語で声をかけられても、無視をして素通りしましょう

スポンサーリンク

夜間の外出は控える

有名な観光地だとしても、夜に外出をすることは海外の場合だと非常に危険な行為です。例え、昼間は大丈夫な場所でも夜になると一転して危険な場所(スラム)に変わることも珍しくないからなんです。

上記でも紹介しましたが、海外に行くと物が盗まれることは当たり前のように起きます。

でも、どうしても外に出たい人がいると思いますが、夜間の移動を必ずタクシーにして、安易に出歩くことのないようにしましょう!

 

 

ながらスマホ厳禁!!

日本人の窃盗被害で多いのがスマートフォンです。

その理由はiPhoneにあります。

日本人が所有しているスマホの大半がiPhoneだと言われていますが、iPhoneはとても高価なものとして知られています。

海外ではAndroidスマホの何倍もの高値で売れるそうです。

最近ではiPhoneだけを狙った窃盗団もいるくらいお宝商品とされています。

 

日本人は特にスマホをポケットに入れず、手に持ったまま歩く人が多いため、盗難に遭うリスクが非常に高いです!

向こうから体当たりして、携帯を落とした隙に奪われるケースがよくありますので、歩く時は歩きスマホをしたり、スマホを手に持ったままの移動は絶対にやめておきましょう!

 

 

感染症に注意

渡航する地域によっては、衛生環境が悪かったり、医療設備が十分に整っていないところがまだまだたくさんあります。

そこで注意しておかなければいけないのが「感染症」です。

医療設備が整っていない地域だと、予防接種をしていない犬が当たり前のようにいます。

そのため狂犬病にかかる危険性があります。

狂犬病は死亡することもある恐ろしい病気です。

可愛いとは思いますが、安易に犬に触らないよう注意しましょう。

 

感染症は渡航前に病院でワクチンを打っておけば防げるものも多数あります。

あなたの行く旅行先では、今現在どんな病気が流行しているのかを事前によく確認しておき、忘れずに予防接種を受けておきましょう!

【関連情報】

今この国ではこんな病気が流行している!/厚生労働省検疫所

 

 

以上が海外旅行の際に気をつけたいポイントでした。

日本と比較すると海外の観光地はまだまだ治安の面では問題のある地域が多く存在しています。

楽しい旅にするためにも、これらのポイントを覚えておいて、一生の思い出に残る素敵な海外旅行になるよう祈っております♪

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

-コラム

Copyright© はげログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.