健康

【やりすぎ禁物】過度のランニングは痩せないし老けるだけ!

投稿日:

ダイエットの一環としてランニングを取り入れている人がいますけど、あらかじめ言っておきます!

ランニングをして痩せることなんかただの思い込みですし、むしろ老化を早めてしまう恐ろしいデメリットがあるんです。

 

 

 

健康のつもりが老化に!?

一般的にランニングといえば、、

『走れば走るほど脂肪が燃焼して痩せる!』

 

これが今までの常識として広く認知されていましたが、今はまったくの逆効果。

有酸素運動のやり方次第で痩せないどころか、逆に肥満を招く衝撃的な事実が明らかにされています。

 

運動をしているのになぜ肥満になってしまうのか?

ランニングをする行為そのものに肥満にさせる要因はありません。

走ったらちゃんと脂肪を燃焼してくれることは事実です。

 

問題なのが脂肪の燃焼量です。

体脂肪たった1キロ分を燃やすのに必要なランニング量は実に77時間と言われているんです!!

つまり不眠不休で走り続けたとしても3日以上もかかるため、ダイエット目的のランニングはあまりにも非効率な減量手段だったわけです。。

 

さらに問題なのが長時間になるほどランニングのデメリットを発揮させてしまうところ。

実際一度に45分以上走り続けますと、脳内でコルチゾールが分泌されます(←ストレス原因ホルモン)

 

ストレスホルモンの厄介なところは食欲を増進させてしまい、さらには無性に濃い食べ物を欲してしまうようになります。

 

また活性酸素によって老化を促進させる点もあるそうです。

 

これではせっかく運動をしているのに老けやすくなるわ、体を大きくさせているわで最悪です。。

だからランニングは挫折しやすい運動法と言われているんです。

 

 

 

短時間トレーニングがおすすめ

ダラダラと長く続ける運動についてはさほど効果が期待できないとお伝えしましたが、短時間で負荷のある運動については老化を抑制し脳を若返らせる=アンチエイジング効果があるとされています!

さらに短時間で体を追い込むことにより、心肺機能のアップにも繋がるんですよー!

 

もし仕事などにより時間を設けることが困難な場合は日常生活の運動量でもOK。

例えば…エスカレーターではなく階段で上り降りするなど。。

 

 

もし走るのが辛い場合はウォーキングを30分少し呼吸が乱れる程度でもかまいません。

長時間連続して行わないことがポイントです!

無駄にしんどい努力をしていても、ただの自己満足に過ぎませんので。。

 

 

 

ランニングこそメンタル強化に最適!

ダイエットとしては良い効果を期待することはあまり出来ませんが、精神面においてランニングは抜群の効果を生んでくれます!

一番の効果として根本的に気分が上向きになります。

血流が良くなることで脳に栄養がいき、幸福ホルモンが分泌し、物事を良く考えるようになるのでポジティブ思考になります!

 

 

 

まとめ

  • とりあえず走りまくったら痩せるという考えを改めるべし!たくさん走っても分だけ痩せるとは限らない

 

  • むしろランニングは脂肪燃焼しにくくダイエットに不向き、メンタル強化には打ってつけ!

 

  • 30分以内の短時間で一気に追い込むと脳が若返って(アンチエイジング効果)ポジティブ思考になる

-健康

Copyright© はげログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.