コラム

気分転換のランニングによって得られるすごい効果

更新日:

人間関係、勉強などで行き詰まっている人へいつもお疲れ様です!

あまり考えてしまっても新しいことは思い浮かびませんよ。

だからこそ気分転換をすることも時には必要なんです!

 

 

 

一番の気分転換方法こそランニングだ!

気分転換と言っても人によってさまざまな方法があると思いますが、、

実践すべき方法こそ「運動です!!」

 

中でも一定の動作をする有酸素運動=ランニングがおすすめ。

ランニングは大量の酸素を体内に取り込みます。

すると全身の血流の循環が向上→脳の血流が良くなりますと活性化されて気持ちがスッキリするんです!

気分が晴れると今まで悩んでいたことなんかアホらしくなって自然とすっ飛びますし、継続して続けていくとセロトニンが分泌されてポジティブ脳になりますよ〜!

私もコミュ障・人見知りぶりを存分に発揮して病んだときはまず走るように心がけています。

走ることを習慣にすると、気持ちが和らいでいくのでストレスも溜まりにくくなりました!!

じゃあ何分くらい走ればいいのか?

時間としては、ほんの10分ぐらいでも良いです。

あまりやり過ぎると、今度はノルマとなってしまって挫折してしまうから。

スピードもしんどくならない程度で、ゆっくりと走りましょう。

どうしても走るのが辛いときは早歩きでもOKです。

体の中いっぱいに酸素を取り込んでリフレッシュしましょう。

走るときはなるべく外で!

景色を見ることで気持ちが落ち着くからです。

ランニングをすることで得られる効果

  • ストレスに強くなる
  • 持久力がついて疲れにくくなる
  • 基礎代謝を上げて風邪を引きにくくする
  • 冷え症が良くなる
  • 安眠効果がある
  • 肌が良くなる
  • 眼精疲労を抑止など…

さまざまな効果について挙げましたが、

これらはすべてランニングで、血液の循環が良くなったことで改善されるものです。

血流を良くする

たった一つのことだけで膨大な数の効果があるのは運動しかないでしょう!

新しいアイデアが生まれることも!

ランニングは単に気分を変えるだけでなく若返り効果にも期待されています。

年を重ねると脳を作る神経細胞が減少→すると新しいことにチャレンジする意欲がなくなってボーッとしていることが多くなります。

ですが、有酸素運動を行うと年をとっていても神経細胞が増加し、新たなひらめきを生み出すようになるのだとか!

効果を実感するのに必要な時間は30分〜40分程度。

汗をかく程度の運動量がベストとされています。

ランニングは心を豊かにさせてくれる最強のツールだということが分かりました。

が、ここで一つ残念なお知らせです。。

走ったらダイエットにも良いとこれまで考えられてきましたが、、

実際はなんと逆効果だという衝撃の事実が分かりました。

なのでダイエットを目的とされてるかたはランニング以外の方法に切り替えましょう。。

まとめ

  • 運動は肉体面・精神面ともに乱れたバランスを正してくれる
  • 中でも有酸素運動はセロトニンを分泌してポジティブ脳にしてくれる!
  • 継続して続けることが大事。しんどい時は早歩きでもOK
  • ダイエットのために走っても実際は効果がない!

-コラム

Copyright© はげログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.